BLOG&COLUMNブログ・コラム
BLOG

注文住宅で失敗しない使いやすいトイレとは?

2021/02/15
今回は注文住宅のトイレについて見ていきます。トイレはプライバシーや音が気になりがちなので、設置場所には注意しましょう。

▼トイレは設置場所が大切
トイレはかなりプライベートな場所なので、設置する位置が大切です。

例えば家族が団らんするリビングからトイレが見える位置にあると、気恥ずかしい感じがしますよね。

トイレは水を流す音や用を足す音も気になります。来客がある際や夜寝ている時に誰かが用を足す音が聞こえると、気まずくなってしまいます。

▼トイレは何個必要?
トイレを何個設置するかも迷いどころです。

家族が多いと朝の忙しい時間は混雑しがちに。この場合は1階と2階にトイレが1つずつ必要になるかもしれません。

また祖父母と一緒に暮らしている2世帯住宅の場合も、2つ設置することを考えましょう。

夫婦だけ、または夫婦と子供1人だけなど、家族が2~3人ならトイレは1個でも大丈夫でしょう。

■トイレの広さも大切
トイレを快適に使用するためにも便器とドアの距離を広めにしておくと圧迫感もなく使用できます。
距離は40㎝~50㎝ほど確保すると良いでしょう。

■窓の設置
窓を設置することで、狭い空間に光を取り入れることができます。
光が入ることで、暗くなりがちなトイレも明るくなります。


▼介護が必要なご家族がいる場合はバリアフリーに
ご家族に介護が必要なかたや高齢のかたがいる場合は、バリアフリーにすることも考えます。

トイレのスペースを広くしたり、開けたままにできる引き戸にするのも使いやすいでしょう。

▼まとめ
トイレの設置場所には気を使います。夜中にトイレの音で目が覚めないように、2階のトイレの下に寝室を置かないなどの工夫も必要ですね。トイレの設置場所や個数でお悩みのかたは、ぜひふくふくほ~むへご相談ください!