BLOG&COLUMNブログ・コラム
BLOG

注文住宅で後悔しないお風呂場を作るには

2021/02/01
注文住宅で後悔しないお風呂場を作るためには、どんなところを注意すれば良いのでしょうか?お風呂場を作る際の注意点について見ていきましょう。

▼お風呂場を作る際の注意点
お風呂場を作る際には、注意しておきたいポイントがあります。

■テレビの設置は要検討
お風呂場にテレビがあると便利なイメージもありますが、問題点もあります。

特にご家族でお住まいのかたは、誰かがお風呂で長時間テレビを見ていると、次に入りたい人が困ってしまいます。しかも音量を大きくしてテレビを見ると、浴室内に響いて、外に音が漏れやすいというデメリットもあります。

■ハーフバスは費用が高くなる
お風呂場をハーフバスにしたい、というかたも多いです。ハーフバスとは浴室と床以外を自由にデザインできる浴槽のこと。

システムバスはコストが安い分、形などを大きく変更することはできません。

そこでハーフバスという選択になるのですが、ハーフバスは工事費用が高くなったり、素材によってはメンテナンスに手間がかかる場合があります。

特にローコストな注文住宅をお考えのかたは、ハーフバスよりもリーズナブルなユニットバスを選ぶのもおすすめですよ。

■収納スペースが少ない
脱衣所の収納スペースが少なくて失敗したという場合もあるようです。
あらかじめ収納倉庫などを計画しておきましょう。

■浴槽の汚れが壁や色によっては目立つ
浴槽の色も注意しましょう。濃い色はオシャレで綺麗ですが、水垢が目立つ場合があります。
浴槽や壁の色は慎重に選んだ方が良いでしょう。



▼まとめ
お風呂場作りで後悔しないためには、さまざまな角度から使い勝手やコストなどを検討する必要があります。お風呂場作りで失敗したくないというかたは、ぜひふくふくほ~むまでご相談ください!