BLOG&COLUMNブログ・コラム
BLOG

家の内装に吹き抜けをつくる際のメリット・デメリットについて

2020/11/22
家を建てる際に人気の内装が吹き抜けです。
ここでは、吹き抜けのメリットとデメリットについてご紹介します。


▼吹き抜けのメリット
吹き抜けのメリットは3つあります。一つずつ見ていきますね。
■家がおしゃれになる
吹き抜けをつくることで、空間が広がり家がおしゃれにみえます。

■家全体が明るくなる
吹き抜けをつくると、上の階の壁に窓を取り付けることになります。
そのため、上からの光で家全体を明るく照らすことができます。

■家族の気配が感じられる
上の階と下の階で空間を共有することで、どこにいても家族の気配を感じることができます。
特に小さいお子様がいるご家庭では、お子さんがどこにいるか把握しておきたいですよね。

▼吹き抜けのデメリット

■スペースが狭くなる

吹き抜けをつくると上の階のスペースが狭くなってしまいます。
部屋数を削らなければなりません。

■プライベートな空間が保てなくなる

吹き抜けをつくることは、空間を共有することになります。
そのため、他の家族の生活音や匂いが他の部屋まで届いてしまい、プライベートな空間を持つことが難しくなるでしょう。
特に、二世帯住宅や思春期の子供がいる家庭は注意が必要です。

■手入れが大変

吹き抜けをつくると、家の手入れが大変になります。
窓の掃除や、壁紙の張り替えなどの際に足場を組む必要がでてくるからです。場合によっては専門業者に依頼しなければならないため費用もかさみます。

▼まとめ

吹き抜けのメリットとデメリットについて簡単にご紹介しました。
吹き抜けには、たくさんのメリットがありますが、それが逆にデメリットになる可能性もあります。
吹き抜けをつくる際には家族で話し合い、自分たちの生活に合った家づくりを目指してください。