BLOG&COLUMNブログ・コラム
BLOG

注文住宅のシミュレーションについて

2020/11/01
坪数や費用等を利用し、希望の間取り等を考えるのに便利なシミュレーション。
そんなシミュレーションを行う際に必要になってくる情報や分かること、注意点等をお伝えします。

■必要な情報
坪数
予算
建てる場所
階数、部屋数の希望
あって欲しいコンテンツ(玄関脇の洗面所、ウォークインクローゼット、バリやフリー等)

■分かること
坪数・予算に応じた家の広さや可能な部屋数
希望に応じた費用
想像もしていなかったアイデア(シミュレーションを行うサイトには建築士のアイデアがたくさん蓄積されているため、素人では思いつけない間取りのアイデアを得ることが出来ます。)

■注意点
・実際はどうなのかを常に頭に置きながらシミュレーションを見る。
あくまでもシミュレーション はデジタルの中の世界です。太陽もなければ風もありません。なので、日当たりや風通しの点は自らできちんと想像せれることをお勧めします。
シミュレーションを参考にご自身の想像力を膨らませて、二刀流で考えるのがいいでしょう。
・とにかくやってみる
話を聞いていると難しそう。と思い諦めた間取りも一度シミュレーションにかけてみることをお勧めします。先ほどもお伝えした通り、システムには建築士のアイデアが詰まっています。一つの情報で諦めるのではなく、シミュレーションを通して希望により近い間取りを模索していくのがいいと思います。

■まとめ
シミュレーションはアプリやサイト等で気軽に行うことが出来ます。
ご家族と話し合う前に、話し合いの材料としていくつかシミュレーションを出しておくのもいいかもしれませんね。