BLOG&COLUMNブログ・コラム
BLOG

注文住宅の間取り決めのポイントや注意点

2020/08/13
自由に間取りがつくれるから、楽しいですが迷うことも多いと思います。
そこで今回は、注文の間取り決めのポイントや注意点についてご紹介します。

▼間取り決めのポイント
■風通しのいい間取りにする
・1つの部屋に2つの窓を作る
基本的に1つの部屋に2つ窓を作りましょう。
・風通しの良さで窓の方角を決める
南と北、東と西と向かい合わせで窓は配置します。向かい合わせにすることによって風の通り道ができるためです。
・窓の配置が難しい場合は、天窓を作る
窓の配置が向かい合わせができなかったり難しい場合は、天窓を作って通風を確保しましょう。
■水周りも一緒に間取りを決める
水周りの間取りを決める時は、注意が必要です。
・水周りの設備は一箇所に集中して配置する
一箇所に集中して配置することで、工事やメンテナンス代の費用が安くなります。
・排水音の響きに気を付ける
トイレと寝室が近いと排水音が気になるためです。
■収納優先の家づくりをする
・今現在の収納スペースに基づき新居の収納スペースを考える
今住んでいる家の収納スペースや量を考えて、新居の収納スペースには、今の量よりも多めにスペースを取っておくのが良いでしょう。

▼間取り決めの注意点
注文住宅の間取り決めには注意したい点があります。
■動線計画が大切である
間取り決めには動線計画が大切になってきます。
一番重視したい点は、家事動線です。選択や料理、育児など取り組みやすい間取りを考えましょう。
また学校や会社へ行くときに考える動線にも気をつけましょう。食事やトイレ、洗顔など渋滞しない動線が良いでしょう。

▼人気の高い間取り
・開放感のあるLDK
・ウッドデッキ
・対面式キッチン
・和室コーナー
・パントリー
パントリーは収納スペースが少なくなることも多いので、隣接してパントリーを設置するのがおすすめです。

注文住宅の間取り決めなどお困りがあれば、一度ご連絡ください。