BLOG&COLUMNブログ・コラム
BLOG

注文住宅の流れとは

2020/07/09
注文住宅を建てたいと考えている人は多いですが、流れやポイントをしっかりとご存知でしょうか?
理想のマイホームを手に入れるためにも流れなど理解しておくことが大切になってきます。
今回は注文住宅の流れについて詳しく紹介していきたいと思います。
▼注文住宅の流れ
注文住宅の土地を所有していない場合の一般的な流れをみていきます。
①予算検討
準備段階の最初として、土地や住宅、諸費用などを検討しておきます。
②土地を探す
希望の立地条件、予算をもとに土地を探します。
③家のイメージを検討
外観や間取り、設備など理想の家のイメージを検討します。
④土地の契約や融資
土地の契約を行い、土地の購入にあたって融資を受けます。
⑤建築業者の決定
納得・信頼できる建築業者を決定します。
⑥建築請負契約締結
建築業者やプランが決まったら建築請負契約を締結します。
⑦住宅ローン締結
住宅ローンを締結します。
⑧施工
安全祈願として地鎮祭などを行って着工します。
▼注文住宅の検討から完成までの期間
平均的な期間としては、1年~1年半くらいになります。
間取りやデザインなどは人それぞれになるので、徹底的にこだわって建てる際には期間がさらにかかってくるといえます。
期間には個人差が大きいので、希望時期がある場合には早めの行動が重要になってきます。
▼注文住宅の成功ポイント
・理想やイメージだけで突き進まずに、実現可能なものか現実的な目線でみる
・実際に建てた人たちの意見や体験談を参考にしたり、情報収集を事前に行っておく
・土地探しから購入まで信頼できる専門の業者をみつけて依頼をする
・家の理想イメージをしっかりと持って、何を一番に求めるか・必要なものは何かを明確に記しておく
注文住宅に興味がある人は当社へ気軽にご相談ください。